Brazos

Recuerdo cuando empezó. La mujer de al lado fue estrangulada en su cama, sin señales de entrada forzada. Aunque su ventana estaba abierta, vivía en el quinto piso sin escalera de incendios. El asesino nunca fue encontrado y el apartamento quedó vacío.

Algún tiempo después de su muerte, comencé a tener terrores nocturnos. Me despertaba de repente, jadeando por aire. Una noche abrí la ventana y asomé la cabeza para respirar profundamente. Fue entonces cuando lo vi por primera vez. Un hombre estaba parado en la ventana de un apartamento al otro lado de la calle. Era el único que tenía las luces encendidas y su cuerpo era solo una silueta. Realmente no pude distinguirlo al principio, pero parecía estar extendiendo los brazos hacia la ventana.

A la noche siguiente, me desperté de nuevo presa del pánico. Esta vez realmente sentí como si alguien me estuviera ahogando, pero no había nadie allí. Asumí que el incidente con la vecina me estaba volviendo paranoica. Por primera vez en mi vida, tenía un poco de miedo estar solo. Cuando abrí la ventana para tomar un poco de aire fresco, volví a verlo. Al igual que la noche anterior, había un apartamento al otro lado de la calle con una luz encendida y un hombre parado en la ventana con los brazos extendidos.

“¿Eso es todo lo que hace este tipo?” Murmuré para mí mismo. “Tal vez no esté bien de la cabeza”. Tenía la inquietante sensación de que me estaba mirando directamente, pero era difícil de ver. Cerré la ventana, corrí las persianas y volví a la cama.

Estaba sintiendo curiosidad por el hombre del apartamento al otro lado de la calle, así que compré unos binoculares. Durante el día, miré su ventana para ver si pasaba algo extraño. No hubo actividad; ni siquiera muebles visibles desde la ventana. ¿Se había mudado desde anoche? Estuve mirando hasta que se puso el sol, pero nunca se encendió ninguna luz en el apartamento.

Esa noche soñé que había un hombre en mi ventana. Como mi vecino fallecido, vivía en el quinto piso y no había escalera de incendios. Era difícil ver su rostro, pero podía sentir sus ojos examinándome. Su presencia era espesa y sofocante; casi intoxicante. Luché por evitar su mirada mientras corría hacia la ventana, intentando cerrar las persianas. Antes de que pudiera gritar, se estiró a través del cristal y puso sus manos alrededor de mi cuello.

Me desperté aterrorizado y convulsionado. La ventana estaba abierta, aunque la había cerrado antes. Tosiendo y jadeando, asomé la cabeza y aspiré el aire de la noche. Estaba inusualmente tranquilo; no hay autos en la carretera. Mirando hacia la calle, había un largo tramo de luz penetrado por una sombra que se avecinaba. A regañadientes, hice un barrido para encontrar la fuente. Una vez más, había un apartamento al otro lado de la calle con una luz encendida y un hombre parado en la ventana con los brazos extendidos. Agarré mis binoculares para ver más de cerca. Inmediatamente, me quedé petrificado. Definitivamente estaba mirando mi ventana, y sus brazos parecían estar alcanzándome. Cerré la ventana, corrí las persianas y me escondí debajo de las mantas.

Cada noche me volvía más paranoico. Dejé de mirar por la ventana y la mantuve cerrada con llave en todo momento con las cortinas corridas. Aun así, podía sentirlo mirando mi apartamento. Pensé en llamar a la policía, pero todavía no estaba seguro de si todo estaba en mi cabeza. Luego vino esa noche horrible.

Como de costumbre, me desperté histérica. Mi ventana todavía estaba cerrada, pero las cortinas estaban subidas. Miré al otro lado de la calle y el hombre con los brazos extendidos tenía la ventana abierta. Ésta era mi oportunidad. Si pudiera escucharme, tal vez podría obtener una respuesta de él.

“¡¿Que demonios estás mirando?!” Grité, pero no hubo respuesta. El hombre permaneció silencioso e inmóvil; sus brazos se extendieron un poco más allá de su ventana abierta. Pensé que al menos se sorprendería, pero no mostró ningún signo de reconocimiento. “¡¿Por qué te quedas ahí todas las noches ?!” Todavía nada. Justo cuando me di la vuelta, su luz se apagó. Miré hacia atrás para ver si todavía estaba allí, pero estaba demasiado oscuro. Cerré la ventana de golpe, la cerré con llave, corrí las persianas y encendí la televisión. No había forma de que volviera a dormirme. O al menos, eso es lo que me repetía hasta que comencé a desmayarme. No pude evitarlo, así que apagué la televisión y me metí en la cama.

Más tarde esa noche tuve otro terror nocturno, sintiendo que me estaban estrangulando. Sin embargo, la sensación no se detuvo. Esta vez yo realmente estaba siendo estrangulado! Dos manos reales se agarraron alrededor de mi cuello, intentando exprimirme la vida. Mientras luchaba por liberarme, traté de ver a mi atacante. Seguí los brazos, esperando que llevaran a un cuerpo, pero siguieron adelante. Se estiraron todo el camino hasta y a través de mi ventana abierta. ¡No lo podía creer! Los brazos entraban por la ventana de mi quinto piso, hasta mi cama, ¡y me asfixiaban!

Me agité, tratando de luchar lejos de las extremidades monstruosas. Patear y rascar no los perturbaba, y el agarre era tan fuerte que dolía moverse. Extendí la mano desesperada hacia el pomo del cajón de la mesita de noche, mientras las uñas quebradizas se clavaban en mi piel. Me las arreglé para abrirla, pero intentar meter la mano dentro hizo que la asfixia fuera aún más dolorosa. Frenéticamente, busqué algo afilado. Agarré un bolígrafo y comencé a apuñalar el brazo izquierdo con cada gramo de fuerza de mi cuerpo. No sé cuántas veces lo apuñalé, pero finalmente se retiró un poco, quitando la mano izquierda de alrededor de mi garganta. Lo agarré, me lo llevé a la boca y lo mordí tan fuerte como pude hasta sacar sangre.

El brazo se sacudió violentamente, tratando de sacar su mano de mis mandíbulas. Ahogándome en sangre, aflojé los dientes. Ambos brazos comenzaron a retirarse mientras yo escupía y me atragaba. Tropecé con la ventana con la esperanza de golpearlos, pero solo rocé las yemas de los dedos. Observé con horror cómo los brazos, que se habían extendido a lo largo de la calle, retrocedían hasta su origen. Mi corazón se detuvo cuando vi a quién estaban apegados. Ellos eran su brazos. No pude apartar la mirada cuando las horribles extremidades se tambalearon y azotaron, volviendo a su longitud normal. Los dejó a los costados y se apagó la luz. Esta vez no solo cerré la ventana, moví la estantería frente a ella.

Me senté en el suelo temblando, tratando de ordenar mis pensamientos. ¿Qué le iba a decir a la policía? ¿Un hombre metió la mano en mi ventana, desde el otro lado de la calle, y trató de estrangularme? Seguramente pensarían que fue una broma, pero necesitaba que alguien revisara ese apartamento o nunca podría volver a dormir. Decidí hacer una llamada rápida y anónima sobre un disturbio doméstico.

Finalmente, dos oficiales se detuvieron en el edificio al otro lado de la calle. Entraron y pronto se encendió una luz en la ventana. Esperé a que sucediera algo, con la esperanza de no enviar a la muerte a dos hombres desprevenidos. Después de unos minutos, la luz se apagó y los oficiales regresaron a su vehículo. Sus voces lograron llegar hasta mi ventana, y les escuché decir lo que esperaba que no dijeran. Nadie vivía ahí.

Unas semanas después, vi una camioneta de mudanzas afuera del edificio. Alguien se estaba mudando a ese apartamento. Me sentí aliviado, aunque mis terrores nocturnos ya habían cesado. Una noche no pude dormir, así que encendí una luz y miré hacia afuera. Vi a alguien al otro lado de la calle mirando por la ventana. Por alguna razón, me sentí obligado a alcanzarlos. Todavía lo estoy intentando.


Escrito por UmbrelloEl contenido está disponible bajo CC BY-SA

Versión japonesa

著者 Umbrello

翻 訳 者 ブ ラ ッ ク ・ デ ス (DESU NEGRO) G. Floridian 恵 子 (Keiko) 圭子 (Keiko) RyujiSfidanteYoshio ゆ き の (Yukino)

================================================ =======

そ れ が 始 ま っ た 時 の こ と を 覚 え て い る。 隣 の 家 の 女 が ベ ッ ド で 絞 め 殺 さ れ た し か し 、 、 部屋 に 押 し 入 っ た 形跡 は は避難 梯子 の な い 5 階 に 住 ん で い た。 未 だ に 殺人 鬼 は 捕 ま っ て お ら ず 、 彼女 の 部屋 は 空 い た ま ま だ っ た。

隣 の 女 が 死 ん で か ら 少 し し て 、 夜 中 急 に 激 し い 恐怖 感 に 襲 わ れ る よ う に な っ た 私 は 、 夜 夜 中 に 急 に 目 が 覚 め 、 、た め に 頭 を 外 に 出 し た. 彼 に 初 め て 気 づ い た の は そ の 時 だ っ た. 通 り を は さ ん で 向 か い の ア パ ー ト の 窓 辺 に 男 が 立 っ て い る. こ の 通 り で 灯 り が 点 い て い た の は そ の ア パ ー ト の部屋 だ け で 、 そ の 男 の 人影 だ け が 見 え た。 最初 は よ く 見 え な か っ た が 、 そ の 男 は 窓 に 向 か っ て 手 を 伸 ば し て い い る る

そ の 次 の 晩 、 ま た パ ニ ッ ク 状態 で 目 が 覚 め た。 今 回 は 誰 か が 私 の 首 を 締 め て い る う な な 感 じ が し た。 で 誰 も。 で も もに な っ て い る の だ と 思 っ た. 人生 で 初 め て 独 り で い る の が ち ょ っ と 怖 か っ た. 新鮮 な 空 気 を 吸 お う と, 窓 を 開 け る と, 彼 が ま た そ こ に い る の に 気 づ い た. 昨 晩 と 同 じ く, こ の通 り で 灯 り が 点 い て い た の は そ の ア パ ー ト の 部屋 だ け で 、 そ こ に 見 え た の は 腕 を 伸 ば し て い る 男 だ っ た。

「あ い つ は そ れ し か で き な い の か? や つ は 頭 が お か し い ん じ ゃ な い か.」 と つ ぶ や い た. 彼 が 私 の 方 を じ っ と 見 て い る 気 が し て, 不 気 味 だ っ た が, よ く 見 え な か っ た. 窓 を 閉 めロ ー ル ス ク リ ー ン を 上 げ 再 び 眠 り に つ い た。

そ の 男 の こ と が 気 に な っ て き た た め, 双 眼鏡 を 買 っ た. 昼間, 私 は 妙 な こ と が 起 こ っ て い な い か, 彼 が い た 窓 を 見 張 っ た. 何 も 起 こ ら な か っ た. そ れ ど こ ろ か 窓 か ら は 家具 す ら 見 えな か っ た。 昨 晩 以降 、 彼 は 引 っ 越 し た ん だ ろ う か? 日 没 ま で 見 張 っ て い た が ア パ ー ト に は 灯 り 一 つ 点 か な か っ

そ の 夜 、 私 の 部屋 の 窓 辺 に そ の 男 が 現 れ る 夢 を 見 た。 最近 死 ん だ 隣 の 部屋 の 女 と 同 じ う う に 、 私 私 は 避難 梯子 の な い 階 階な か っ た が, 彼 が 私 を じ っ と 見 て い る の を 感 じ た. 彼 の 存在 は 重 く 息 苦 し か っ た. 恐怖 で 押 し つ ぶ さ れ そ う だ っ た. な ん と か 視線 を 避 け る た め, 窓 に 走 り, ロ ー ル ス ク リ ー ン を 下 げ た. 私が 叫 ぶ 間 も な く 、 彼 が 窓 ガ ラ ス 越 し に 私 の 首 に 手 を 置 い た。

私 は 恐怖 で 身 を 震 わ せ 目 が 覚 め た。 寝 る 前 に 閉 め て お い た は ず の 窓 が 開 い て い。 咳 込 ん ん で ゼ ー ゼ ー と 息 を し しは 珍 し く 静 か で, 一 台 も 走 っ て い な か っ た. 窓 か ら 見下 ろ す と, 光 窓 か ら 見下 ろ す と, 光 の 中 に 伸 び る 影 が 見 え た. 恐 る 恐 る 影 の 元 を 見 つ け る た め, 視線 を 下 か ら 上 へ 動 か し て いっ た。 ま た 、 灯 り が 点 い て い た の は 通 り を 挟 ん で 向 か い 側 の ア パ ー ト の そ の だ け で 、 、 窓 の 所 で 男 が 腕 伸 伸。 す ぐ に 恐怖 で 身 が す く ん だ。 彼 は 確 実 に 私 の 窓 を 凝視 し て 、 こ ち ら に 腕 を 伸 ば て い る よ よ う だ。 窓 に 鍵 を 掛 け け

毎 晩 妄想 が ひ ど く な っ て い っ た. 私 は 窓 か ら 外 を 見 る の を や め, 窓 に 鍵 を 掛 け て ロ ー ル ス ク リ ー ン を 下 げ た ま ま に し て お い た. そ れ で も, 彼 が 私 の ア パ ー ト を じ っ と 見 て い る よ うな 気 が し た。 警察 を 呼 ぼ う と 思 っ た が こ れ が 私 の 気 の せ い か ど う か ま だ よ く 分 か ら な か っ た。 や が て 、 そ そ の 恐

い つ も と 同 じ よ う に, ヒ ス テ リ ッ ク な 状態 で 目 が 覚 め た. 窓 に は 鍵 が か か っ て い た の に, ロ ー ル ス ク リ ー ン が 上 が っ て い た. 通 り の 向 か い を 見 る と, そ の 男 の ア パ ー ト の 窓 が 開 き, 腕が 伸 び て い る の が 見 え た。 こ れ は チ ャ ン ス だ と 思 っ た。 も し 彼 が 私 の 声 を 聞 け ば 、 何 か 反 応 が あ る だ ろ う。

「お い 、 お 前 一体 何 を 見 て い る ん だ?!」 と 叫 ん だ が 、 返 事 が な か っ た。 そ の は 黙 っ た た ま ま 動 か ず 、 腕 わ わ思 っ た が 、 そ の 様 子 は な か っ た。 「な ぜ 毎 晩 そ こ に 立 っ て る ん だ?!」 彼 は 反 応 の ま ま ま だ っ た。 私 が 目 を をま だ 窓 辺 に 立 っ て い る か 確 か め た く て 振 り 返 っ て み た が, 暗 く て 分 か ら な か っ た. 窓 を 急 い で 閉 め, 鍵 を 掛 け, ロ ー ル ス ク リ ー ン を 下 げ テ レ ビ を 消 し た. 寝 る な ん て 絶 対 あ り え な い と 自 分 の 中 で 言 い 続 けて い た が 、 眠 く な っ て し ま っ た。 ど う し よ う も な く て 、 テ レ ビ を 消 し て ベ ッ ド に 戻 っ た。

そ の 夜 遅 く 、 私 は ま た 首 を 締 め ら れ て い る よ う な 感 じ の 悪 夢 に 襲 わ れ た。 目 め て も こ こ の 感 覚 が 続 い て た たの 咽 を 掴 ん で 絞 め 殺 そ う と し て い た. 手 を ふ り ほ ど こ う と も が き な が ら, そ の 手 の 正 体 を 見 よ う と し た. 体 に 続 く で あ ろ ​​う 腕 を 目 で 追 っ た が, ど こ ま で も 続 い て い た. そ の 腕は 開 い て い る 窓 か ら 伸 び て い た。 信 じ ら れ な か っ た! 腕 は 私 の 5 階 の ベ ッ ド ま で 伸 び 、 首 を 絞 め て い た。

バ タ バ タ と 手足 を 動 か し, 不 自然 な 腕 を 振 り ほ ど こ う と し た. 蹴 っ て も ひ っ か い て も 効果 は な く, 掴 ん だ 手 が あ ま り に も 強 か っ た の で, 動 く と 痛 み を 感 じ た. 私 は 必死 に ベ ッ ド テ ー ブ ルの ノ ブ に 手 を 伸 ば し た. そ の 時 も ろ い 爪 が 私 の 肌 を 刺 し た. や っ と ベ ッ ド テ ー ブ ル を 開 け, 中 に 手 を 入 れ る と さ ら に 首 の 締 り が 苦 し く な っ て し ま っ た. 必死 に 何 か と が っ た も の ​​を手 探 り で 探 し た. ペ ン を 取 っ て 力 一杯 左腕 を 刺 し 始 め た. ど の く ら い 刺 し た か 分 か ら な い が や が て 左腕 が 少 し だ け 首 か ら 離 れ 始 め た. 私 は そ の 腕 を つ か み, 引 っ ぱ っ て 口 に 入 れ, 血 が 出 るほ ど 力 一杯 噛 ん だ。

腕 は 激 し く 暴 れ て 私 の 口 か ら 逃 れ よ う と し た。 血 で 咽 が 苦 し く な り 、 口 を 開 け。 私 私 が そ そ の 血 吐 い い て い る る窓 辺 に よ ろ よ ろ と 歩 い て い っ て 窓 を 急 い で 閉 め, 腕 を 挟 も う と し た. し か し, 指 先 を か す っ た だ け だ っ た. 私 は 伸 ば し て い る 腕 が 縮 ん で 元 の 場所 に 戻 っ て い く 恐 ろ し い 光景 を見 た. そ の 腕 の 持 ち 主 を 見 た と き 心 臓 が 止 ま り そ う だ っ た. 『彼』 の 腕 だ っ た. ゆ ら ゆ ら 揺 れ な が ら 元 の 長 さ に 戻 っ て い く 腕 か ら 目 を そ む け る こ と が で き な か っ た. 彼 はま っ す ぐ に 立 っ た。 そ し て 電 気 が 消 え た。 今 回 私 は 窓 に 鍵 を 掛 け る だ け で な く 、 本 棚 を 窓 の 前 に 運 ん で 置 い

震 え な が ら 床 に 座 り 考 え を ま と め よ う と し た. 警察 に 何 と 言 う べ き か? 男 が 通 り の 向 こ う か ら 私 の 空 い て い る 部屋 の 窓 に 手 を 伸 ば し て 首 を 締 め よ う と し た っ て? 警察 は き っ と い た ず ら 電話だ と 思 う が, そ の ア パ ー ト を 確認 し て ほ し か っ た. さ も な い と も う 一度 眠 る こ と な ん て で き な い. 近 所 で 家庭 内 の も め ご と が 起 こ っ て い る と 言 っ て 匿名 の 電話 を し よ う と 決 め た.

や が て 、 二人 の 警察 官 は 通 り を 挟 ん だ ビ ル の 近 く に 車 を と め た。 警察 官 が 中 に 入 っ て す す ぐ に 窓 窓 に 灯 が 点 い た 何 何な い こ と を 願 っ た. 数 分 後 灯 り が 消 え 警察 官 た ち は 車 に 戻 っ た. 彼 ら の 声 が 私 の 所 ま で 聞 こ え て き た. そ れ は 私 が 最 も 聞 き た く な い こ と だ っ た. 誰 も そ の ア パ ー ト に 住 んで い な か っ た の だ。

数 週 間 後, そ の ア パ ー ト の 前 に 引 っ 越 し ト ラ ッ ク が と ま っ て い る の を 見 た. 誰 か が そ の 部屋 に 入 居 し た の だ. も う 悪 夢 を 見 な く は な っ て い た が, そ れ を 見 て さ ら に 安心 し た. あ る晩 私 は 眠 れ な か っ た の で 、 電 気 を 点 け 外 を 見 た。 誰 か が ア パ ト の 窓 窓 か 外 を 見 て い る る こ と に 気 づ い た。 な な手 を 伸 ば そ う と し て い る。

Creepypasta “Arms” ¡Vamos a leer!